インターネット光にはモデムは必要ありません

モデムとは、ISDNやADSLなどインターネットを電話回線で利用する場合に使用する機器です。
パソコンから送られてくるデーターはデジタル信号です。
これを電話回線に乗せて送受するためにはアナログ信号に変換する必要があります。
なぜなら、メタルケーブルを使用した電話回線はアナログ回線だからです。
つまり、パソコンのデジタル信号をアナログ信号に変換して電話回線で送り、受け取る側はアナログ信号をデジタル信号に変換してパソコンに入力するわけです。
このときにアナログとデジタルの変換をするのがモデムです。
これに対して現在主流の、インターネット光回線はデジタル信号なのでモデムは必要有りません。
その代わりに、光回線終端装置(ONU)が必要になります。
光回線はデーターが光信号なのでONUを使って電気信号に変換してパソコンに入力するのです。